妻と結婚する前に交際していた同僚と最近不倫の関係に

自分が入社した2年後に入社してきた5歳も上のバツイチ女性、その彼女が今の不倫相手です。彼女が入社当時同じくバツイチの女性の同期が数人居て、何となく押せ押せな感じで、特に会社の飲み会などでの場で、独身男性へのアタックを感じていました。
彼女が入社した当時、私も独身で私の方からアタックしたのですが、離婚したばかりで男性不信に陥っていたこともあり、交際が始まることがないまま通り過ぎました。
その後5年が過ぎた頃、私は現在の妻と交際を始めていましたが、その彼女と天秤を掛けていた期間だったのも確かなのです。妻となる彼女との交際の傍ら、同僚の彼女と交際も始まろうという状態です。実際には、同僚との交際は一時的に停滞させたものでした。
妻と結婚後、その1年後に長男が産まれ、妻へ気をつかう形で約2年間、会社の飲み会などへ出席することを避けてきました。飲み会s出席解禁となったその日、久し振りの飲み会で恐らく散々好きなだけ飲むから朝帰りになるに違いないと、飲み会の近隣のホテルを予約しておいたのです。
いざ飲み会が進むと、同僚の彼女が隣に座り、この数年の思いを露わにしてきました。元々好き合っている二人ですので、勿論意気投合で、皆が参加しそうな2次会を後目に、ホテルへ直行してしまいました。
もうお互い大人な二人ですので、避妊は間違いなく行っての行為。ずっと気持ちの中で求めいた二人は、一晩で何度も求め合ってしましました。
最初のきっかけは、元々好き合っていた感情からの延長から始まった不倫でしたが、実際妻よりも1日の中で一緒に過ごす時間が長く、互いの良い所悪い所まで知り合う中の為、一番心を許す中になってしまったのです。
月に1~2度、泊り掛けの出張と称して、彼女のアパートで過ごす事が多くなりました。しかし、互いに生活の真ん中へ足を踏み入れる気を持たない距離感を持っていて、彼女も私に離婚を求めてくることは全くありません。
不倫でありながら、互いの生活に影響を与えないところまでを心得てのつきあいは、もう暫く続いていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です