みんなの出会い系体験談」カテゴリーアーカイブ

PCMAXで直アドを教えてくれた出会い

出会い系サイトでいきなり直アドを教えてくるなんて、珍しいというか驚きの体験でした。
僕が北海道には仕事で行った時のことです。
札幌に泊まったのですが、札幌で遊ぶと言うとススキノが定番です。
しかし、この日は孤独な夜を過さなければなりませんでした。
仕一緒に行くはずの仲間が他の仕事で来れなくなったからです。
一人で夜を過ごすには飲むか風俗かと決めている僕でも、一人でこの時ばかりは風俗に行く気にはなれませんでした。
でも、もう一つの奥の手があったんです。
それがPCMAXです。
PCMAXで何度も割り切りの遊びを経験していたので、札幌で模使えるかなと思い、掲示板にアクセスしたのです。
僕の好みは20代後~30前半のナイスバディタイプです。
ここで札幌の掲示板の書き込みにあったのが、僕と同じように。東京から来ている女性でした。
「昨夜から女一人旅で札幌に来ていますが、垂れも開いてきてくれなくて。」
要は夜の相手を探している女性でした。
「僕は仕事で東京から来ているんですが、あなたと同じで一人の夜です。」
こんな時のメールってリアクションが早いんですね。
すぐに返事が来ました。
が驚きのメール内容。
「〇×〇×@docomo.ne.jpにメールくださいな。すぐに会おうよ。」
いきなり直アドを送ってきたんです。
まだ、顔も見るより会話もこれからなのにと思いましたが、僕のスケベなので、直アドに僕のアドレスと会いたいというメッセージを返しました。
今度は電話番号が送られてきました。
「ここに連絡してもいいですよ!」
ナント大胆な女性なんだろうと思いつつも深く考えず電話をしてしまう僕も僕ですが。
すぐに待ち合わせ場所は決定しました。
ススキノの交番前まの東横インが合流場所。
もうすでに夜になっていましたが、横断歩道の向こうから張り出したバストがすごくに目立っている女性が渡ってきました。
ニコニコ顔で僕を見ているんです。
そう、待ち合わせのかっこうを伝えていたこともあって、何となく僕だと分かったようでした。
「はじめまして。すぐにHしよ!」
屈託のない笑顔が大胆さを消していましたが、すぐにラブホに入るなり服を脱がされ上に乗っかって激しく腰を触る彼女です。
快感と恐怖が同時に走ったのですか、もう病み付き状態でした。その後にシャワーを浴びて第2ラウンド。
しかし、そのラウンドはすごく長く続き、試合終了にはもうすでに夜明けになっていました。
そう、札幌の夜明けは早いですから。
でも、その子とはセフレ関係でお互い東京に戻ってもよく合体しています。”

■参考サイト

1.ナンパ師のPCMAX攻略サイト